教室の紹介
入局案内
医学生・研修医の皆さんへ
患者さんへ
アイバンク

小児眼科・斜視外来 

 
 
 金沢大学病院の小児眼科・斜視外来は、毎週火曜と木曜の午後に診療をしております。外来では担当医師4名と視能訓練士7名でチーム診療をしております(主治医制ではありません)。患者さんは石川県内にとどまらず、北陸3県、時には日本全国から受診されます。

 診察の結果、手術が必要になった場合には、可能な限り患者さんのご希望にそえるよう、北陸3県の医療機関にご協力いただき、当院の医師が手術を行っております。というのも、金沢大学病院眼科は緊急性の高い手術が非常に多く、斜視手術は手術の予約待ちが長くなってしまう為です。協力医療機関は年々増加し、北陸全体の小児眼科・斜視診療のレベルアップにつながっております。

 手術は年間に200例超を行っております。手術が必要となった症例は主に、外斜視、内斜視、下斜筋過動症、交代性上斜位、眼瞼下垂、眼瞼内反症などです。いずれの手術も、小児の場合は全身麻酔で行い、基本的に入院は1泊2日としています。

 当外来への受診を希望される患者さんは、まずかかりつけ医で紹介状を書いてもらってください。紹介状をもらった患者さんは大学病院の予約センターに電話連絡し、小児眼科・斜視外来へ紹介された旨を伝えてください。
 
〒920-8641 石川県金沢市宝町13-1 TEL.076-265-2403