教室の紹介
入局案内
医学生・研修医の皆さんへ
患者さんへ
アイバンク

ぶどう膜炎外来 

 
 
 ぶどう膜は眼球を構築する組織の中でも、虹彩・毛様体・脈絡膜をまとめた呼び名で眼球の中膜を形成しています。

 外因的(感染症や外傷など)あるいは内因的(膠原病、糖尿病、血液疾患や悪性腫瘍など)原因でぶどう膜に炎症を生じる疾患群を“ぶどう膜炎”といいます。

 わが国の3大ぶどう膜炎といえばベーチェット病・サルコイドーシス・原田病ですが、確定診断できるぶどう膜炎は全体のおよそ半数程度といわれており、その理由としてはぶどう膜炎が前眼部から後眼部にわたる広範囲で炎症を生じるため、多彩な眼所見を呈し評価することが難しい点にあります。また大半のぶどう膜炎が内因的原因のため多彩な全身症状をも合併しており、眼所見と照らし合わせ総合的に評価する必要があることも理由のひとつです。

 当科ぶどう膜外来では大学病院の特殊性を生かして、専門性を有する他科との連携をとりあい、診断はもちろん全身加療を行う際のプランも決定しています。

 眼科的には一般診察はもちろん確定診断補助のために、蛍光眼底造影検査・光干渉断層撮影・網膜電図検査・採取した眼内液のpolymerase chain reaction(PCR)法などの特殊検査も行っており、病態を総合的に評価しております。

 治療法は症例の重症度により、局所療法からステロイド・免疫抑制剤の全身投与、場合によっては手術加療まで行っております。ステロイドの全身投与が必要な症例には、離脱困難例や副作用などの問題点から、まずトリアムシノロン後部テノン嚢下注入を行うようにしており、とくにサルコイドーシスの症例には良好な治療効果を得ております。
 
〒920-8641 石川県金沢市宝町13-1 TEL.076-265-2403