教室の紹介
入局案内
医学生・研修医の皆さんへ
患者さんへ
アイバンク

眼瞼・眼窩疾患外来 

 
 
眼瞼と眼窩部の形成外科的疾患を扱っています。当科は、美容形成外科ではないので、保険適応とならないような美容目的の、ふたえまぶた手術や皺取り術などは行っておりません(保険適応病名がつかない状態の治療は自費診療となり、当科では行っておりません)。ただし、以下の述べるような眼窩・眼瞼疾患では、整容・美容上の観点は、機能改善に並ぶ最重要ポイントと考えて手術に臨んでいることは、言うまでもありません。
 
●眼窩壁骨折
眼部の打撲によって、眼窩(眼球をいれる頭蓋骨の窪み)の骨が折れ、副鼻腔側に眼窩内容が脱出する病態です。スポーツ(野球、サッカー、ラグビーなど)、暴力、転倒などが原因となります。物が二重にみえる複視が問題となるので、その重症度によって手術適応が決まります。当科では、経眼窩縁アプローチにより手術顕微鏡下で骨折部より脱出した眼窩組織を整復し、骨膜や骨欠損に対しては、シリコンシート留置、人工骨充填、上顎洞バルーニングなどで対処しています。
小児・若年者では閉鎖型(trapdoor)骨折が多く、外眼筋が骨折部に絞扼されている症例(図:術前と術後)では症状は強く自然回復は望めないので、早期の手術が望まれます。また、閉鎖型骨折はCTで検出しにくい場合があるので、注意が必要です。
 
●子供・若年者の逆さまつ毛:睫毛内反(先天性眼瞼内反)
 
東洋人の小児期にみられる「さかまつげ」のほとんどは、眼瞼贅皮が原因となり、眼瞼前葉が過剰で睫毛列が角膜に触れる方向に回旋する睫毛内反です(図)。睫毛内反は、顔面骨の成長とともに改善する傾向があるので、軽度の場合には自然消退を待つことができます。一方、矯正視力が不良で、乱視や角膜混濁(上皮障害)による弱視が疑われる場合や、流涙、異物感、羞明などの訴えが強い場合には手術の適応となります(写真の症例)。睫毛内反では、欠損しているとされる下眼瞼牽引筋腱膜(上眼瞼では挙筋腱膜)から眼輪筋、皮下に達する穿通枝を補うような手術手技が必要であり、通糸法(ビーズ法、埋没法)とHotz法(変法)とが代表的な手術法です。
 
●壮年期以降の逆さまつ毛:加齢性(退行性)眼瞼内反症
壮年期以降にみられる「さかまつげ」の多くは、瞼板支持組織の弛緩により瞼板ごと眼瞼が内回旋する加齢性眼瞼内反です(写真)。加齢性眼瞼内反は下眼瞼に多く、指で外反させると一時的に内反がなくなりますが、閉瞼と同時に元の内反状態に戻ってしまいます。当院では、加齢性下眼瞼内反症に対しては下眼瞼牽引筋腱膜(lower lid retractor)を全層遊離して短縮する方法短縮法を第一選択としており、9割以上は初回手術で完治します。
 
●眼瞼外反症
眼瞼外反症は、いわゆる「あかんべえ」の状態です。先天性のものは稀であり、主なものとして、瞼板支持組織の弛緩による加齢性眼瞼外反、顔面神経麻痺に伴う麻痺性眼瞼外反、外傷や炎症疾患などによる瘢痕性眼瞼外反症まどが挙げられます。眼瞼外反症では、眼表面の涙液分布の異常に起因する角結膜障害の程度と症状、また整容上の訴えによって手術適応が決まります。眼瞼外反症の手術法は、@瞼板の水平方向の短縮(Kuhnt-Szymanowski法、LazyT、Wedge Resectionなど)、A内嘴、外嘴靭帯弛緩の改善(Lateral tarsal strip、内嘴靭帯短縮術)、B皮弁、皮膚移植、耳介軟骨移植などに大別でき、その病態に応じて、これらの方法で治療を行っています。
 
●眼瞼下垂
眼瞼下垂は、上眼瞼が瞳孔(ひとみ)にかかることによって視野が妨げられる病態です。眠たい目のようで、整容的にも問題となります。眼瞼下垂は、先天性と退行性に大別できます。先天性では眼瞼を牽引する筋、眼瞼挙筋の筋力(挙筋能)が低下しています。退行性では、眼瞼挙筋の弛緩が原因であり、加齢によるもの、またハードコンタクトレンズ長期装用によるものがあります。当科では、主に眼瞼挙筋短縮術により眼瞼下垂を矯正していますが、挙筋能がかなり低下している症例では「つり上げ術」が必要です。
 
〒920-8641 石川県金沢市宝町13-1 TEL.076-265-2403