HOME > 教室紹介 > 学会開催報告

学会開催報告

  当科主催で開催した学会について報告します


第74回日本臨床眼科学会

2020年10月15日〜18日 
Web開催期間:2020年11月5日〜12月6日
  

 

第74回日本臨床眼科学会を終えて

 

第74回日本臨床眼科学会 学会長
杉山 和久
 
 
 令和2年10月15日から4日間、東京国際フォーラムとJPタワーで開催予定であった第74 回日本臨床眼科学会(臨眼)は、コロナ禍の影響でWeb開催(11月にオンデマンド配信)という形式になりましたが、無事終了いたしました。登録者数は11,331名と過去最高の人数でした。
 本教室の歴史で初めての臨眼の主催とあって意気込んでおりましたが、新型コロナ感染症のため通常開催は断念しました。誠に残念ではありましたが、世界中がこの状況なのでどうにもなりません。しかしながら、Web開催での評判が上々であったこと、自分としてはプロモーションビデオや開会式と閉会式の金沢城や兼六園での撮影、ドローンでの大学病院屋上での撮影などとても楽しくできましたので、非常に満足しております。
 招待講演はシンガポール国立眼センターのTin Aung教授の講演(原発閉塞隅角緑内障)を、私が日本語の副音声を吹き込みましたし、ドイツのハイデルベルグ大学のJonas教授の講演(強度近視)の日本語副音声は強度近視が専門の生野先生(いくの眼科、金沢大学学外臨床教授)に吹き込んでいただきました。専門家による日本語副音声で視聴できる招待講演は、初めての試みであり、かつてないほどとてもわかりやすい講演になったと思います。これもWeb開催という利点と、和訳などにご協力いただいた教室の先生(東出先生、小林先生、竹本大輔先生、土屋先生)のお陰です。私は招待講演の座長、国際シンポジウムの座長、市民公開講座の座長、そして共催セミナーの座長も教授室で行いましたが、初めての体験で面白く楽しくできました。特別講演の金沢医科大学の佐々木教授、新潟大学の福地教授のご講演も素晴らしく、私は2回も視聴しました。また、Webなので、いつでも、どこでも視聴でき、その気になればほとんどの講演を視聴できることもWeb開催の強みです。学会開催の新しい形態を切り開いたのだと、何事もポジティブ思考で現実を受け止めました。事務局長の杉山能子や副事務局長の宇田川さんには大変にお世話になり、感謝に堪えません。また、プログラム委員長の堀教授(東邦大学)と副会長の望月先生(石川県眼科医会会長)にもとてもお世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。
 記憶に残る素晴らしい学会が開催できたと、関係の皆さまに心から感謝申し上げます。
 

閉会式で金沢大学病院の屋上から手を振る眼科学教室のスタッフ(中央のスーツ姿は杉山教授)


第23回国際視野画像学会(Imaging and Perimetry Sosiety, IPS)

2018年5月9日〜12日 石川県立音楽堂
 

 

金沢で国際視野画像学会を主催して

 
金沢大学眼科 杉山和久

 
 2018年59日(水)から12日(土)には、国際視野画像学会(Imaging and Perimetry Society, IPS)(杉山和久と岩瀬愛子先生が会長)512日(土)、13日(日)に第7回日本視野学会学術集会(大久保真司会長)の2つの学会を金沢駅前の県立音楽堂で開催しました。開催時期が日本人の多く出席すると思わるハワイでのARVOの翌週、そして欧州の先生が多く参加するヨーロッパ緑内障学(EGS)の前の週ということで、参加者が少ないのではないかと、当初とても心配しておりました。現にIPSの副理事長David Garway-Heath教授は、EGS会長のため、今回は出席できませんでした。ところが蓋を開けてみると、IPSは297名の参加者(前回はイタリアで100名程度の参加)、日本視野学会は510名参加者があり(2015年の金沢大学主催の視野学会に匹敵)、大変盛大に執り行うことができました。両学会の事務局長の宇田川さち子視能訓練士の強力な指揮のもと、他の金沢大学眼科の視能訓練士はとても頑張ってくれました。心より感謝しております。金沢城五十間長屋でのWelcome receptionも雨を心配しておりましたが、ご陣所太鼓の時は雨がピタッと止みました。とても運がいいなあと、我ながら感心しました。  
 Closing Banquetでは参加各国が国別に余興をします。今回、日本は、私がマリオに扮して登場して大変緊張しましたが、大拍手で盛り上がりました。慣れない英語で司会をしたり、徹夜でマリオの動画を作ったうちの教室員はとても大変だったと思います。私は英語でのスピーチがとても多くて緊張しました。今はIPSそして日本視野学会も滞りなく終了して安堵の気持ちで一杯です。恩師の北澤先生が1992年に京都でIPSを主催されて26年後に、弟子の岩瀬愛子先生と私が一緒にIPSを主催することができ感無量です。IPSを金沢に誘致してくださったIPS理事長の松本長太先生、副理事長の岩瀬愛子先生には感謝の気持ちで一杯です。また、教室同門の大久保真司先生も本当に頑張ってくれました。外国人も日本人も季節が最高の金沢を満喫して帰ってくれたことがとてもうれしいです。勿論、学術的にも素晴らしい学会でした。2年後はサンフランシスコ郊外のバークレーです。


第7回日本視野画像学会

2018年5月12日〜13日 石川県立音楽堂
 

 

Connect with Each Other!「第7回 日本視野学会学術集会」を開催して!

 

おおくぼ眼科クリニック 大久保真司

 
 2018年に杉山教授と岩瀬先生が開催された第23回国際視野画像学会(IPS)と共催という形で、5月12日と13日に第7回の日本視野学会学術集会を、私が学会長として無事開催させて頂くことができました。これもひとえに、杉山教授をはじめとしました医局の先生方、視能訓練士の方々、同門の先生方のご支援の賜物と存じます。誠にありがとうございました。金沢大学関連で、約100名の先生方にご登録頂きました。多くの同門の先生がたにご参加頂き、本当にありがとうございました。
 日本視野学会は専門別研究会として活動してきた「日本視野研究会」を2011年12月1日より新たに学会として発展させた伝統と歴史のある新しい学会です。国際視野学会が国際視野画像学会と名称を変更し視野と画像を研究テーマとして扱うようになり、それに協調し日本視野学会学術集会も、表裏一体の関係にある視野と画像をそれぞれ、また融合させて「Structure and Function」として研究の成果を討論する場として発展し、IPSとの整合性を図る意味もあり2018年5月11日より日本視野学会は、名称変更し「日本視野画像学会」となりました。
 このような素晴らしい学術集会を担当する機会を与えてくださった視野画像学会の松本理事長をはじめとする諸先生方に厚く御礼申し上げます。また、私のようなものが、このような大役を仰せつかることができましたのも杉山教授ならび河﨑名誉教授のご指導の賜物と感謝しております。
 今回は、IPSと共催ということもあり、日本と世界がつながる、JPSとIPSがつながる、構造と機能がつながる、各専門分野がつながる、そして基礎と臨床がつながる、各世代がつながるというテーマで、IPSに参加していただいた海外の先生にもテーマがわかるように英語で、”Connect with Each Other”にさせて頂きました。今回のポスターはIPSのポスターと並べると2つの視野の島が虹でつながります。世界の最先端の視野および画像の研究を議論し、さらに日本独自の問題も議論できるような学会となるよう多くの方の協力を頂いて、プログラムを練らして頂きました。
 学会のメインイベントであるJPSレクチャーは、第23回IPSのホストのひとりでいらっしゃる岩瀬愛子先生に「視野からみる緑内障の臨床」というテーマでお話し頂きました。日本の自動視野計は、岩瀬先生のご尽力で発展してきたことが実感できる素晴らしい内容でした。プログラムは、特別企画として視野の本当の基本から応用までを初心者からベテランの方までまとめて学んでもらえる拡大版の教育セミナー、それに加えてシンポジウム、JPSコーチングセミナーも素晴らしい内容でした。視野学会では、一般口演は募集しませんでしたが、IPSに日本から出された演題の中から5題をプログラム委員会でIPS JPS 優秀演題として選出して、最先端の話題を日本語でおおいに議論することができました。
 最後になりましたが、これからの金沢大学眼科学教室ならびに同門会および日本視野画像学会の益々の発展を祈念しております。


第36回日本眼腫瘍学会

2018年11月3日〜4日 金沢市アートホール
 

 

学会開催報告「第36回日本眼腫瘍学会」

 

会長:高比良 雅之
 
 昨年の秋、2018年11月3~4日に金沢市アートホールにて第36回日本眼腫瘍学会が開催されました。学会長として会無事に終えることができましたこと、改めまして同門会の皆様には厚く御礼申し上げます。北陸以外の遠方からも多くの方々にお越しいただき、おかげさまで会期中を通して小春日和の好天にも恵まれ、観光地としての金沢も十分楽しんでいただけたことと嬉しく思います。
 初日の一般口演がはじまると、早速、例年のように白熱した討論がありました。初めて出席された同門の何人かの先生方からは、質疑応答がとても活発ですね、とのお言葉もいただきました。今回は学会テーマを「境界領域への挑戦」とさせていただきましたが、それは今回の特別講演とシンポジウムの内容を反映させたものでした。すなわち、そのひとつは私の専門分野のひとつであるIgG4関連疾患の特別講演です。元来IgG4関連疾患は腫瘍ではありませんが、特に眼領域ではリンパ腫との併発などその境界領域の異同が問題となる疾患です。今回は、他科の観点から特にIgG4関連疾患と悪性腫瘍との関連について、私が長年大変お世話になっている内科、病理、放射線科の先生方からご講演をいただきました。また、もうひとつの「境界領域への挑戦」の企画として、血管腫とその異同が問題ともなる血管奇形に関したシンポジウムを企画しました。網脈絡膜、眼瞼・結膜、眼窩の血管腫とその類縁疾患について、まさに今第一線でご活躍されている若手の先生方にお話しいただき、私自身も知見を新たにしました。 一般口演は全部で45題と、この会期ではほぼ最大限に近い数の演題登録をいただきました。そのうち当医局からは武田暢生先生と竹森勇人先生に、また同門の中谷雄介先生にご発表いただきました。懇親会にもご参加いただいた皆様には、季節ながらの美味しい食事、また教室員手作りの余興をお楽しみいただけたのではないかと思います。
 今回の日本眼腫瘍学会では事前登録の220名に加えて当日登録が109名あり、あわせて329名ものご登録をいただき、これはこの学会始まって以来の記録となりました。改めまして、ご参加・ご支援いただきました同門会の皆様には厚く御礼申し上げます。