HOME > 患者様へ > 眼の病気Q&A > 緑内障Q&A

眼の病気Q&A

眼の病気についてよくあるご質問に対する解説です。
ぜひ、参考にしてください。

 
  まだ、緑内障のみですが、今後増やしていく予定です。
 

 

緑内障Q&A 

緑内障は意外に多い疾患です。日本人の40歳以上の5%、70歳以上では1割以上が緑内障だと言われており、日本の成人の失明原因の第一位となっています。
患者は多いのですが、早期に発見して適切に治療を受ければ、失明することはあまりない病気です。しかし、自覚症状が現れるのはかなり進行してからのことが多いため、早期発見には眼科に行かないとわからないことが多く、診断されても、自覚症状がないために治療をやめてしまう方が多いのが問題となっています。
 
以下に、緑内障についてよく質問されることをQ&A形式でまとめました。
 


 

Q:健診で眼底異常を指摘され、緑内障かもしれないと言われました。特に見えにくさは感じていないのですが、眼科を受診しないといけませんか?

 
A:緑内障は網膜(眼の奥にある光を感じる神経でできた膜)が徐々に傷んでいき、傷んだところが見えなくなる(視野が狭くなる)病気です。ゆっくりと進行する上に、両眼で補いあうこともあり、初期では自覚症状がないことがほとんどです。しかし、現在の医学では傷んでしまった神経を元にもどす治療法はないため、早く発見して早く治療を受けてそれを継続することが大切です。ぜひ、眼科を受診してください。もし、緑内障だった場合は早く見つかってラッキーだと考えて、きちんと治療を受けてください。


 

Q:近くの眼科で緑内障と診断され、大学病院へ紹介されたのですが、検査入院が必要と言われました。入院しないといけないのですか?

 
A:当科では緑内障の方に検査入院を行っています。緑内障の治療は眼圧を下げることが最も有効だと考えられていますが、眼圧は個人差が大きい上に、同じ人でも変動するため、外来受診の時の眼圧のみではその方の本当の眼圧はわかりません。そのため、入院して2日間にわたって、3時間ごとの眼圧を測ります(特殊なセンサーがついているコンタクトレンズを使用して24時間の検査を行う場合もあります)。また、視野検査、OCT検査(網膜の厚みを測る検査)、網膜の血流の解析を行う検査など、さまざまな検査を行って、患者さんの緑内障の状態を確認して、治療方針を決定しています。


 

Q:眼圧は高くないのに緑内障だと言われました。緑内障は眼圧が高くなる病気ではないのですか?

 
A:眼圧の正常値は1021mmHgとされていますが、個人差が大きく、人(眼)によって耐えられる眼圧が異なります。昔は眼圧が高いことが緑内障の条件だと思われていたのですが、眼圧が正常範囲にあるにもかかわらず緑内障と同様に網膜の神経が傷んでくる人がいることがわかり、その状態を「正常眼圧緑内障」といいます。日本人では正常眼圧緑内障の方が多いとされています。眼圧が正常範囲でもその人にとっては高いのだと考えられていますので、治療は眼圧をさらに下げることが目標になります。


 

Q:以前から近くの眼科で緑内障の治療(点眼薬)を受けていましたが、視野がだんだん狭くなってきて、大学病院に紹介されました。大学病院では手術が必要だと言われました。緑内障手術について教えてください。

 
A:緑内障は大きく二種類にわけられます。開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障です。閉塞隅角緑内障に関しては次の項で述べますので、ここでは開放隅角緑内障に対する手術について述べます。
 開放隅角緑内障では眼圧を下げることしか治療の方法はありません。通常は点眼薬(目薬)による治療が中心となります。眼圧を下げる目薬は何種類かありますので、一種類で下がりが悪い場合はいくつかの目薬を組み合わせて使うことが多いです。しかし、点眼薬を使っても眼圧が下がらない場合や、ある程度下がっているのに進行してくる場合には眼圧を下げるためのレーザー治療や手術を行うことになります。
 開放隅角緑内障とは、簡単に言うと角膜と虹彩の間にある水(房水といいます)の排出路が目詰まりして流れ出にくくなっている状態です。手術では、目詰まりしているところ(線維柱帯といいます)を切り開く手術(線維柱帯切開術)と目詰まりしている部分はあきらめてバイパスを作って水の流れをよくする手術(線維柱帯切除術や緑内障チューブ手術)が主な方法です。前者は短時間で行えること、合併症が少ないことなどが利点ですが、眼圧の下がる量が少ない(10台前半以下にはなりにくい)のが欠点です。そのため、緑内障が比較的軽い場合に行うことが多いです。後者は眼圧がよく下がる(10mmHg前半以下)のですが、合併症がやや多く、術後の管理が難しいことが欠点です。進行した緑内障の方に行うことが多いです。どのような手術を行うかは、緑内障の状態や年齢など、さまざまな要因を考慮して決定します。
 進行した緑内障でも眼圧を十分に下げることによって進行を抑えられることがわかっています。手術と言われて怖いかもしれませんが、主治医とよく相談してください。
 

Copyright: Santen Pharmaceutical Co., Ltd.

 


 

Q:緑内障発作を起こす危険性があるので、白内障手術を受けるように言われました。緑内障なのに白内障手術をするのはどうしてなのですか?

 
A:前の項で述べたように、緑内障には二つの種類がありますが、そのうちの閉塞隅角緑内障なのだと思われます。閉塞隅角緑内障は房水が流れ出す通路である角膜周辺部と虹彩の間(隅角といいます)が狭い眼に生じます。その場合、普段は眼圧も低く、緑内障という状態ではないのですが、何か(薬の作用や暗所で瞳孔が開く、など)をきっかけに完全にふさがってしまうと急激に眼圧が上昇する「緑内障発作」を起こす危険性があります。それを予防するためには白内障手術を行って水晶体を摘出することが有効です。替わりに入れる眼内レンズは元々の水晶体よりかなり薄いため、隅角が開いて緑内障発作を起こすことはなくなります。術後は緑内障の治療も不要となることが多いです。


 

Q:緑内障で治療中です。眠れないのでかかりつけ医で薬を処方してもらおうとしたら、緑内障の人には使えない薬があると言われました。どのような薬がいけないのでしょうか。

 

Copyright: Santen Pharmaceutical Co., Ltd.

A:前の項で述べたように、閉塞隅角緑内障の方は隅角が狭いために、瞳孔が開くことによって虹彩の根元が盛り上がり、隅角を完全にふさいでしまう危険があります。そのため瞳孔が開く作用のある成分を含む薬(風邪薬、抗不安薬、抗てんかん薬、消化性潰瘍治療薬、抗ヒスタミン薬、排尿障害治療薬、気管支拡張剤などに該当するものがあります)は禁忌となります。しかし、開放隅角緑内障の場合は禁忌ではありませんので、ご自分がどちらのタイプかを治療を受けている眼科医に確認しておくことをお勧めします。
 
 

 

Q:緑内障にレーザー治療ができると聞きました。どのような治療なのですか。手術の代わりになるのですか。

 
A:緑内障に対するレーザー治療は主に3種類あります。
レーザー虹彩切開術:原発閉塞隅角緑内障の急性発作などの状態に対して行う治療です。レーザーで虹彩の周辺部に孔をあけて前房水の流れを良くして緑内障発作を解除したり、予防したりする目的で行います。しかし、上記のように白内障手術をおこなった方が隅角を確実に広げることができることや、レーザーによって角膜障害を生じるリスクがあるため、最近ではあまり行われなくなってきています。
 
選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT):隅角の線維柱帯にレーザー光線を照射して、房水の流れを良くする治療です。点眼薬1〜2剤分くらいの眼圧下降効果があると言われていますが、効果には個人差があります。点眼薬をうまく点せなかったり、薬剤アレルギーがあるために多くの薬が使えない方などが良い適応になります。しかし、3年くらいで効果がなくなることがあり、手術ほどの効力がない場合があります。

毛様体光凝固術:レーザー光線を毛様体(虹彩の周辺部の後ろ側にある房水を産生しているところ)に当てる治療です。以前は房水を産生する細胞を破壊するレーザーだったので、合併症が多く、あまり行われませんでした。しかし、最近はマイクロパルス毛様体光凝固術という方法が開発されました。こちらは毛様体に刺激を与えて房水の排出量を増やすといわれている方法なので合併症も少なく、入院が不要で、繰り返して行えるという利点があります。しかし、半年くらいで眼圧が再上昇することがあり、その後に手術が必要になることもあります。

いずれも手術に代わるというわけではありません。治療方法については主治医ときちんと相談して下さい。
 


 

こちらも参考にしてください

・日本眼科医会《目についての健康情報》
   よくわかる緑内障ー診断と治療ー
   緑内障といわれた方へー日常生活と心構えー